老眼でもレーシックを受けられる?

昨今では、レーシック技術の進化とレーシック機器の進化によって、強度の近視や長年のコンタクト使用によって角膜が薄くなってしまった人、強度の乱視や老眼など、これまではレーシックの対象外とされてきた様々なケースでもレーシックが受けられるようになりました。
以前は、老眼でのレーシック治療は効果がないとされていましたが、現在では、近視・遠視・乱視・老眼を同時に回復可能なカメラレーシックという技術が開発されています。
特に、近視を持ちながら老眼になった方や元々乱視の方で老眼を発症した方でも、同時に両方の回復が出来る手術法なので、大変人気が高まりつつあるレーシックです。
また、片目は遠くを、片目は近くを見やすくなるようにするモノビジョンレーシックという術式もありますし、レーザーではなくラジオ波を使って行うCKという術式もあるのです。
老眼は一般的に40代くらいから始まると言われていますが、レーシックは白内障や緑内障などを持っている方は行えないため、老眼の場合にはそれらの病気のリスクが低い間に受けられた方が良いでしょう。
それらの病気や体質の問題から、60歳以上の方のレーシック手術を断っているクリニックも少なくありません。
レーシック手術は本当に日進月歩の分野ですから、どんどん新しい技術が開発され、安全性もますます高まっています。
ただ、逆に、なかなかその技術進歩についていけない病院が多いのも事実です。
ですから、出来るだけ最新の情報を集めて病院を選びましょう。