レーシック手術での視力回復はどうなの?

別の項でご紹介した方法は東洋医学や民間療法を含めたもので、比較的手軽に出来るものでした。
ここでご紹介するのはもっと医学的なアプローチで行う視力回復法です。
具体的には薬を使う方法や手術などが考えられます。
まずは薬。
視力回復に関係のある薬ということで、薬は点眼薬が基本になります。
仮性近視と診断された人はまずこの点眼薬で治療することから始まります。
これについては別の項で詳しく述べます。
次に申し上げるのが手術による視力回復法です。
視力回復というと真っ先にこの手術を連想する人が一番多いのでは、と思うほど有名なものです。
「レーシック」という手術がそれで、近視になっている目に直接手を加えることによって近視の原因そのものを治してしまうという実に直接的な方法です。
詳しくは別の項で述べますが、近年このレーシック手術が急速な広がりを見せています。
手術と言うからには目に刃物をあてるわけですから、考えただけでも怖いと思ってしまいます。
普通、目に針が刺さったり刃物で切ったりしたら目が大怪我をして見えなくなってしまうのは考えただけでも分かりますし、第一人間は本能的に目のような急所を無意識にかばう性質がありますから、その影響で目に何か手を加えるということに恐怖を感じるようになっています。
実際にそんなことをするわけではないにしても、レーシック手術がこれだけ広がりを見せているということはそれだけの信用や実績があるからでしょう。
実は筆者もかなりの近眼なのでレーシックを検討したことがあります。
結局費用面の問題でまだ実現に至ってはいませんが、実現に至っていない理由は費用面だけの問題であって、安全面などで不安を感じたという印象はありませんでした。

筆者ほどの近眼になったら誰でも同じことを考えるかも分かりませんが、手術をする不安云々よりもこの近眼から解放されることの有り難さが上回っています。
レーシックという手術がまだ開発される前、筆者の記憶ではロシアにRK手術という手術があったように思います。
テレビで紹介されていたのですがそれはまさに現在のレーシックの原型とも言えるようなものでした。
ロシアまで行かないと受けられないということでしたが、筆者は大枚はたいて受けに行こうとは思いませんでした。
医師が手作業で目にメスを入れていましたが、ロシアという国のイメージを考えても申し訳ないですが自分の目を安心して任せられるとは思いませんでした。
ですがそれが進化してレーシックになったとしたら、それは画期的なことだったのでしょう。

関連ページ

レーシック手術の種類って?
レーシック手術による視力回復はだんだんと一般化してきています。しかし、安心して受けられるのか、費用はどのくらいかかるのか?気になることはたくさんありますね。ここではレーシック手術の種類や費用などについて解説しています。
レーシックのメリットって?
レーシック手術による視力回復はだんだんと一般化してきています。しかし、安心して受けられるのか、費用はどのくらいかかるのか?気になることはたくさんありますね。ここではレーシック手術の種類や費用などについて解説しています。