レーシック手術の種類と費用

視力のもっとも早い回復法として、注目を集めている「レ―シック」手術。
レ―シックにも色々な種類があります。
ここでは、それらを簡単に紹介したいと思います。
まず、一般的な「レ―シック」。
現在では一番安全な近視矯正の手術といわれ、費用も比較的安価です。
そして、「イントラレ―シック」。
これも、よく知られる手術法。
普通のレ―シックとの違いは、フラップを作成する際に、イントラレースFSレーザーを使用するところです。
操作が比較的簡単なので、経験が浅い医師でも、失敗は少ないのが特徴です。
角膜の薄い方でも、この方法だと手術が受けられる可能性があります。
「エピレーシック」。
これは、フラップの作成の際に、エピケラトームという機材を使用します。
普通のそれに比べ、フラップを非常に薄く作る事ができます。
イントラレ―シックよりも、薄く仕上がるので、角膜が薄い方でも、適用できる可能性があります。
また、手術前の角膜と同等の強度が保てるので、激しい運動をする方に、お薦めの方法です。
ただ、視力回復には、二週間ほど掛かる事も。

また、術後数日間は、点眼液で痛みを抑えないといけません。
他にも、フラップを作成しない「PRK」。
感染症の発生を抑えられる「CR‐レ―シック」。
角膜の歪みまで正確に検査し、一段とクリアな視界を、実現できる「ウェーブフロントレ―シック」など、たくさんの方法があります。
選択の際は、眼科医と相談し、きちんと理解してから手術に進んでください。

関連ページ

レーシックの金額の相場は?
レーシック手術による視力回復はだんだんと一般化してきています。しかし、安心して受けられるのか、費用はどのくらいかかるのか?気になることはたくさんありますね。ここではレーシック手術の種類や費用などについて解説しています。